So-net無料ブログ作成
検索選択

グンソクファンミに行ってきました(その2) [チャン・グンソク]

続きです[わーい(嬉しい顔)]
といっても、記憶があいまいで順番もバラバラでしょうけど とにかく自分の記録として残しておきたいので[手(パー)]

他のアジアの国でもやっていた「sexy back」もやってくれましたよ~[るんるん]

とっても色っぽかった^m^
北京でのsexy backはコチラ

あとサプライズで会場の誰かの[携帯電話]にグンソクが電話する[黒ハート]なんていうのがあって

[携帯電話]番号を書いた記憶が全く無いけど(チケット申し込みのときに書いたかな?)Hちゃんも私も一応[携帯電話]引っ張り出して準備万端[手(チョキ)]
しか~し!もちろん鳴りませんでした[もうやだ~(悲しい顔)]

後ろのお席の方の[携帯電話]でしたね。

そしてその方だけのために グンソクが花束を持って「相変わらず」を歌ってあげて[カラオケ]ハグしたり顔を近づけたり・・・ともううらやましい限り[揺れるハート]

続きを読む


グンソクファンミに行ってきました(その1) [チャン・グンソク]

昨日は東京、今日は大阪USJで今頃やってるころかな[わーい(嬉しい顔)]

半年振りにお会いしたグンソクは ノ~ム、ノムイップダ~[exclamation×2]
カッコいいという言葉ではなく、綺麗[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]と言ったほうが当てはまるほどピカピカ輝いていました[ぴかぴか(新しい)]

去年のファンミの時は『イケメン~』撮影終了直後で疲れきっていて「どうしたの~?」といった感じで こんなに静かな様子でグンソクは大人になったのかな?
(十分大人の男性ですが^^;)
そんな印象だったけど、今回は元気いっぱい[exclamation]弾けまくっていました。

自分でも「今は暇です」と言ってたけど[あせあせ(飛び散る汗)]
いえいえ、そんなことないでしょ[exclamation×2]

アジアツアーでアジアを飛びまわってるし、先週は大学の学園祭を主体になってやってたり
寝る時間もあまり無いはずなのに・・・

今回のファンミもグンソクが企画などにも関わって作り上げたみたいですよ。

そのためなんでしょうか?リハーサルが延びたとかで公演の開場時間が30分も遅れて[どんっ(衝撃)]
私が着いた時間はもう開場時間を過ぎていたにもかかわらず、全然中へ入ってないし 整列もしてなかったんですよ。
普通なら来た順に何列に並んで・・・となってるのに企画したフラウさんに苦情がいかなかったかしら?
でも事故も起こらず無事に入場できたんでよかったですけど、こんなファンミは初めてで驚きました。


さてファンミの様子は・・・

続きを読む


「美術手帖」7月号 [嵐]



これはチェックする必要あるかもの本です[exclamation×2]

奈良さんとお~ちゃんの対談を掲載予定だそうです[exclamation×2]
見たことも無い本だけど[あせあせ(飛び散る汗)]読んでみるかな^^;


コチラの記事に載ってま~す。[手(パー)]

いよいよ明日ですよ!ファンミ~♪ [チャン・グンソク]


o0460069010502852381.jpgC278404B96DFC7853CD7722D66B42E.jpg

明日はファンミだというのに、不思議と今回は冷静な自分に驚いています[あせあせ(飛び散る汗)]
今日も1日忙しかったからかなぁ~[ふらふら]

とても近い席で見られそうなのに、この落ち着きはどうしたんだろう?


グンソクはもう同じ日本の空の下に来ているというのに[ハートたち(複数ハート)]

明日の怪物くんの時間までに帰ってこられるかな~?とか
変なことが気になってる自分[あせあせ(飛び散る汗)]
なんでしょうね??

明日の今頃は、ファンミも終了して[黒ハート][るんるん]どんな気分の自分なのかな。

『怪物くん』は9話で終了 [嵐]


スタッフ日記によると6月12日が最終回だそうです[がく~(落胆した顔)]
でも、予定通りと書いてあるから 最初から9話までのお話だったのね[バッド(下向き矢印)]

もう少しで撮影も終了になって お~ちゃんはまた釣りに行けるという事です[るんるん]
嬉しいような・・・残念なような・・・複雑な気持ち[ふらふら]


次にやって欲しいドラマがあるんですけど[手(パー)]
韓国ドラマのリメイク


それはどんなのかというと・・・






今、視聴中なので また後日[わーい(嬉しい顔)]

あと少しでファンミ♪ [チャン・グンソク]


今週の土曜日は、ついに[exclamation]グンソクのファンミです[るんるん]

この前チケットが届いたんだけど、気絶しそうなくらいのいい席で[ハートたち(複数ハート)]
もう~どうしよう[黒ハート]


『イケメンですね』のファンミも1度は抽選に外れて落ち込んだけど、無事にゲットできて やれやれです[わーい(嬉しい顔)]
でも、こちらは2階席なので[バッド(下向き矢印)]残念[ふらふら]
だけど、全員とハイタッチ[手(パー)]あるからOKとするわ。



グンソクのYEPPのMV 女性も顔負けなくらい美しい[exclamation×2][ぴかぴか(新しい)]



そしてこちらは その↑より前のYEPPMV こちらもとってもカッコいいから好きです[揺れるハート]

続きを読む


怪物く~ん [嵐]

久しぶりの更新です[あせあせ(飛び散る汗)]

何だかね 慌しいんですよ[ふらふら]

さてさて『怪物くん』ですよ!!
HPご覧になりましたか[exclamation&question] 非常に気になる言葉が・・・
5月29日(土)に重大発表があります!こうご期待!!

ええ~~~~(@_@;) 何?何? すっごく気になるんだけど~[exclamation×2]

プリンス智くんのひととき”によると
6話と9話の台本をよく間違えてた[わーい(嬉しい顔)]っていうから まだ最終回の発表とかではないでしょ?
何だろね[exclamation&question]29日を待つしかないな[バッド(下向き矢印)]

来週の7話はやっとデモキン登場で 松岡くん水槽からやっと出してもらえるんだね~[もうやだ~(悲しい顔)] お疲れさんだわ[手(パー)]スゴハセヨ~(メイキングのお~ちゃんの言葉ですね[わーい(嬉しい顔)]

続きを読む


今年も学園祭に参加 [チャン・グンソク]

去年に続いて今年もグンソクは漢陽大学園祭に参加だそうです[イベント]



チャン・グンソク、漢陽大学園祭で「ラウンジ H」を企画・参加

cgs.jpg
트리제이 컴퍼니

俳優チャン・グンソクが在学中の漢陽大学校で5月18日から20日までの3日間に行われる学園祭のイベントを企画して参加する事がわかった。

校内のイベントを始め、忙しい芸能活動の中でも誰より熱心に学校生活を送って来たチャン・グンソクは昨年の学園祭にも俳優ハ・ソクジンとともに参加して、校友たちから熱い声援を貰った。

今年は昨年よりアップグレードされた、「ラウンジ H」を通じて、熱い熱情と新鮮さを伝える予定だ。

特に、愛の実践をモットーに進行される今回のイベントは学園祭期間「ラウンジ H」運営で得た収益金を漢陽大学校付属の病院に寄付する事も知られた。

チャン・グンソクは"誰もが一度は夢見る楽しくて一味違う特別なイベントを作りたくて、友達と一緒に企画した。いつもの授業から離れ、放たれた空間で自由を満喫することができる時間となるはず。ラウンジ Hはクラブとラウンジの絶妙の調和させて作る空間で、今の若者の文化を集約した新しい形態のイベント空間となる"と伝えた。

大学生のためのイベントである今度「ラウンジ H」は学校に構わずに大学に在学中の学生なら誰もが学生証を持って参加することができて、チャン・グンソク以外にもBig Brotherも参加する予定だ。

学生生活を満喫しているチャン・グンソクはこのイベントを終えると、復帰作品である映画『きみはペット』の撮影に入る予定だ。

Copyrights(c) 2010 아츠뉴스 All rights reserved


Copyright © 2009 Unisia Co. Ltd. All Rights Reserved.




続きを読む


運動会~! [つぶやき]


天気にも恵まれ[晴れ]今日(もう昨日)はおチビの運動会でした[ダッシュ(走り出すさま)]

去年のおチビたちのダンス曲は“happiness”[るんるん]だったので 
運動会前から [家]でも[車(セダン)]でも“happiness”をかけて練習[exclamation]練習[exclamation][わーい(嬉しい顔)]

今年は沖縄の曲だったから 全くうちでは練習なし^^;

だけど 違う学年が“風の向こうへ”で踊ってくれた~[るんるん]

広い校庭で嵐の曲を大音量で聞けるって気持ちいい~~~~[わーい(嬉しい顔)]


怪物くんやヒロシと違って 赤組だった我が家のおチビ。

紅白の対抗は白組の大勝利でした!!
あらら~[バッド(下向き矢印)]

『怪物くん』賞賛の嵐! [嵐]

視聴率(1話から4話まで17.5 15.6 12.8 13.1%の数字)以上に高い評価を受けているようです[わーい(嬉しい顔)]


大野智ドラマ『怪物くん』、「演技がヤバいくらい上手い」と賞賛の嵐

嵐・大野智主演で放映中のドラマ『怪物くん』(日本テレビ系)。言わずもがな、藤子不二雄Aによる人気アニメの実写版であり、スタート前には「30歳も目の前なのに短パンタイツであの扮装は罰ゲームみたい」「どうせ香取慎吾の『こち亀(こちら葛飾区亀有公園前派出所)』みたいに見てて恥ずかしいテンションのドラマになるんでしょ」などと批判を集めていた。が、いやいやどうして、回を重ねるごとに視聴者からは賞讃の声が続出。改めて、俳優・大野智の演技力が評価される作品となりそうだ。

アニメの『怪物くん』といえば、小柄な体躯、キュートな声&ルックスが持ち味で、短気でわがままな「坊ちゃん」ぶりも子どもがダダをこねているようで愛くるしい。しかし、今回大野が演じている『怪物くん』は、アニメ版とは似ても似つかぬ存在。どちらかといえば、ちょっと性格が悪い天然ちゃんで、大野の実年齢である20代後半に近い"やさぐれ"感さえ漂わせていると評判だ。

「藤子不二雄Aの怪物くんをイメージしている人にとっては、あまりにも別物でがっかりするかもしれません。ただ、とてもデキのいい別物に仕上がっていると思いますよ。このドラマにこんなにハマるなんて思ってもみませんでした」と語るのは、あるドラマライター。技術を駆使した見事なCG、怪物くんに振り回されるお供の3人、ドラキュラ(八嶋智人)、狼男(上島竜兵)、フランケン(チェ・ホンマン)の人選の秀逸さもさることながら「やはりドラマ全体を牽引しているのは大野くんの卓越した演技力でしょうね」と言う。

連ドラデビューは2008年の『魔王』(TBS系)と、どちらかといえば遅咲きの大野。しかしそれまで舞台で鍛えてきた演技力には安定感がある。


今回、特に視聴者の注目を集めたのが第3話の"ニセ怪物くん"が登場したシーン。大野がそのままの扮装で一人二役を演じているのだが、その演技に視聴者も驚愕した様子。

「大野くんの演技がヤバいくらい上手い。顔の表情がとにかく豊か」
「アックマー(悪者)が正体を表すときのニセ怪物くんの表情と声にゾクッときた」
「単なるジャニタレドラマかと思ってたらイメージ変わった」
「ドラマ版の怪物くんは、もう大野クン以外演じられる俳優さんはいないと思う。それくらいハマってる」

とネット上でも賞讃の声が続出。ストーリー自体も「細かいところまでしっかりしていて、子どもだけでなく大人も楽しめる」「CGも安っぽくないからいい」「道徳的な部分も多いけれど、こういう単純明快な方が『ごくせん』みたく単純で気楽に見られる」「ワガママに振り回されながらも怪物くんについていくお供の3人のけなげさが良いし、会話の掛け合いもテンポがあって楽しい」など、意外と評価が高いのだ。

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。